ラミネート・ベニアの治療についての解説

ホーム>ラミネート・ベニアの治療について

ラミネート・ベニアの治療について

セラミックで白くきれいな歯

ラミネート・べニア~セラミックのシェルで歯の美白~

ラミネートベニアとは、歯の表面に極薄のセラミックのシェルを貼り付け、真っ白な歯にする方法です。ホワイトニングでは白くするのが難しい症例でも、きれいな白い歯にできます。

ラミネートべニア2


ラミネート・ベニアとホワイトニング

ラミネートべニア3
ラミネート・ベニアは、ホワイトニングでは白くできない症例(まだらに変色した歯など)をきれいしたい場合や、前歯の隙間を、シェルを貼り付けることで見えなくする場合など、歯をきれいに整える審美的な処置です。

歯の状態によっては、ホワイトニングで白くするほうが適している場合、矯正で歯並びを整えたほうが良い場合、ラミネートベニアではなく、クラウン等の治療が必要な場合があります。

目でみてわかる歯の状態だけでなく、目では見えない歯の内面の状態や、過去、現在の治療物との兼ね合い、また、ご本人のご希望など、様々な要素が重なり合って、治療法の選択肢がしぼられます。

歯の治療法を選択する際には、機能面と審美的な側面の両面を比較し、歯の健康にとっても、良い方法で治療されることをお勧めいたします。